12月 02

副収入は20万円以内に抑えないと規則違反

少しのお小遣いが欲しい!または、家計の足しにしたい!など、子供が小さくて働きに行けない病弱で勤務は難しいと言った方には、特に在宅業務はオススメです。

インターネットでの入力やコピーライターと言った多数の分野での副業があります。

副業を調べる方法としてバイト情報を集めたポータルサイトの利用です。

短時間のアルバイトから内職情報まですべてそろっている。

そして詳しい詳細まで記載されてるから、自分に合いそうな仕事を見つけられると思います。

パソコンやタブレットを利用して、これなら出来そうと思う副業を探しましょう。

思った以上に副業の方が稼げた場合

本業の方の規則で認められていない副業を始め、思ったより収入があったとします。

そこで調べた結果、年間20万円を超えるような場合は、確定申告をしなければなりません。

そうすると本業で務めてる会社の方へ見つかってしまいます。

ですから収入は、20万円以内に抑え見つからないようにしましょう。

こっちの方が儲かる!と思い退職する方もいらっしゃいますが、いろいろ考え長い目で世の中の状況を確認した上で退職なさるならした方が良いです。

副業はあくまでも副業ですから、よく考えた行動をするようにしましょう。